公務員

県庁職員の有休の取得状況は?実際の取得率を公開【公務員の彼氏】

みんなの悩み

県庁職員の男性と知り合い、少しずつデートを重ねている最中です。

でも、約束をしていても、彼からLINEで「ごめん!急に仕事が入って休めなくなった!」なんて言われて、ガッカリすることがよくあります。

県庁の職員は休みやすいって聞いていたんですけど、そんなことはないんでしょうか?

それとも私は彼に嘘をつかれているのでしょうか?

 

こんな質問をいただきましたので、回答いたします。

十中八九、彼はあなたに嘘をついていません。

彼氏にしたい地方公務員の代表格である「県庁職員」

県庁職員と言えば女性にも人気のある職場で、その理由として真っ先にあげらるのは「休みやすい」ことですよね。

しかし、残念ながらそのイメージこそが真っ赤な嘘です。

県庁は決して休みやすい職場ではなく、部署によってはまったく有休を使えずに年々たまっていくばかりというところもあります。

今回は「県庁職員の有休の取得状況は?実際の取得率を公開」ということで、私自身の取得率を含めて、県庁職員の実体をご紹介します。

本文を読めば、彼の話を安心して信じられるようになりますよ!

【公務員の彼氏】県庁職員と会話するときに使える必殺ネタ2選

公務員もクビになります。3種類のクビを紹介!【公務員の彼氏】

県庁職員の彼氏の有休取得状況

県庁職員の彼氏でも有給は使いきれません

取得可能日数はおおむね40日+5日

まず初めに、公務員には毎年20日の有給休暇が付与されます。

これは消化しなかった場合次の年に繰り越されるため、まったく休みを取らなければ次の年には40日の有給休暇が取得できるという計算になります。

加えて夏期休暇、いわゆる夏休みが5日付与されるため、取得できる日数は40日+5日の45日が最大と考えていいでしょう。

有休取得日数は部署によって大違い

さて、本題である実際の取得日数ですが、部署によってまったく変わってきます。

簡単に言えば忙しい部署では満足に取れないし、暇な部署ならいくら休んでも何も言われないなんてこともありますね。

県庁職員の場合は、基本的に本庁(○○県庁という建物に勤務している人)のほうが忙しく、地方にある出先の機関のほうが休みやすい傾向があります。

私は多忙な部署と暇な部署をどちらも経験していますが、

私が県庁にいた頃の有給取得率

多忙な部署… 有休: 5日/40日 夏季:5日/5日 (取得率22%)

暇な部署 … 有休:11日/40日 夏季:5日/5日 (取得率35%)

だいたいこんな感じでしたね。

ただし、県庁の中でも部署によって差がありますし、さらに担当する係によって、そしてシーズンによっても大きく違いがあるのでご注意ください。

ここでいうシーズンというのは、「四半期ごとに大規模な処理が必要になる部署は、3、6、9、12月は非常に忙しくなる」というもの。

その反面、他の月はわりあい休みやすく、定時での帰宅が続くこともあります。

また、部署のトップが理解のある人物だと、「夏季有休」のような独自の制度を勧めて職員の有給取得率を向上させてくれる場合もあります。

これは「夏季休暇5日だけじゃなくて、年休も一緒に取得して長~く休もうぜ!」ということで、夏季休暇と一緒に有休も取得するよう推奨してくれる素敵なシステムです。

部署全体に通達されるため、持ちつ持たれつでお互いに調整して有休を取得することができるのがとてもありがたかったです。(暇な部署の有休取得日数の半分は、この夏季有休で取得したものでした。)

公務員も有休取得率を上げるため、あの手この手で職員を休ませようと一生懸命なんですよね。

もちろん、年中忙しく年中休めず年中残業祭りという部署もありますよ(笑)

有休を取得しまくる職員は左遷される

年間に付与される有給休暇ですが、なんとフル活用してガッツリ25日(繰り越しがないため)休んでしまう人もいます。

ただ、やっぱりこういう人は、休みまくることを理由に閑職へ追いやられてしまうことが多いです。

職員の権利といえばそのとおりなのですが、やはり公務員はまだまだ意識が古く、みんな働いているんだから休まないべきという考え方が根強いのです。

「来年に繰り越すくらいなら、いっぱい有休使ってデートに行こうよ!」と誘いたくなる気持ちはわかりますが、あんまり取得しすぎると彼が閑職に追いやられてしまうかもしれません。

部署ごとの雰囲気によっても取得日数は大きく変わるので、基本的に無理は言わないほうがいいでしょう。

出世する公務員ってどんな人?実体験を元に紹介

【まとめ】県庁職員が有休を使い切ることはほぼ無い

以上、「県庁職員の有休の取得状況は?実際の取得率を公開」でした。

取得率は22%と35%。

数字にしてみるとものすごく低いことがわかります。

どうしても県庁職員を含む公務員には、「有休がとりやすいホワイト企業」というイメージがつきまとうのですが、現実はまったく違います。

県庁職員の彼氏をゲットしたいなら、彼の実際の仕事状況がどうなっているのかを配慮しつつ、しっかりサポートしてあげるような姿勢が大切になりますね。

仕事ができずクビになる公務員ってどんな人?実在する人物を元に危険なタイプを紹介

【公務員の彼氏】県庁職員と会話するときに使える必殺ネタ2選

関連記事