うまくいかない

友達の紹介ではうまくいかない!その理由とスマートな断り方

 

みんなの悩み

友達の紹介で男性と会ってみたんだけど、どうもうまくいかない……なんでなんだろう?

いろいろな男性を紹介してもらって出会ってきたけど、付き合いまで行かなすぎて疲れてきた……。

どんな男性を紹介されてもうまくいかないのって、やっぱり私が悪いのかな?

友達の紹介って、本当にうまくいかないんですよね……!

私もけっこうな人数を紹介してもらってきましたが、付き合いまで行けたのはほんの少し。

しかもみんな半年経たずにお別れすることになってしまうので、友達の紹介ってめちゃくちゃコスパ悪い出会い方なんだなぁと身をもって実感した覚えがあります。

実は、友達の紹介がうまくいかないのには、かなり明確な理由があるんです。

今回の記事は、紹介で出会った人との恋がうまくいかない理由と、「紹介するよ!」と言われたときのスマートな断り方について、私の体験談をもとに説明していきます。

本文を読めば、紹介の恋がうまくいかないのはあなたの責任じゃないことがわかって、恋に前向きになれますよ♪

紹介で出会った人との恋がうまくいかない理由

友達などの紹介で始まる恋がうまくいかない理由は、大きく分けて以下の3つです。

前評判が良すぎて期待値が高くなってしまうから

あらかじめ聞いていた前評判があまりにも良すぎると、期待ばかりが膨れ上がってしまい、実物を見てガッカリしてしまう……なんてことがよくあります。

あなたの周りに「向井理似のイケメン」と言われるような男性はいませんか?

私の周りにはいます。それもたくさん。両手で数えきれないくらい。

向井理がテレビに出始めた2008年頃なんて、紹介される男はみんな「向井理似」。

あの日本人らしいさっぱりとした一重のしょうゆ顔を見て、「髪型を合わせればちょっと似てるかも……?」と思った男性がたくさんいたんです。

でもね、会ってみるとみんな違うんです。

まず向井理は顔が小さい。それから背が高い(182m)。目は一重だけど愛嬌があって、なにより横顔のラインがめちゃくちゃキレイ。

「自称向井理似のイケメン」はちょっと違う。顔がデカい。背が低い。目は一重だけどめちゃくちゃ小さくて、鼻が低くて顎がないから横顔がべっちょりしてる。

お前、一重以外どこも似てねーじゃねーか!!!

……私だって人のことを言えた顔ではありませんが、自分で「深田恭子似」とか言う気はありません。

私と深キョンの似ているところは、目が二重なところくらい。だからといって似ているかと言われたら、10人が10人「NO」と答えるでしょう。

話がだいぶ逸れましたが、前評判がすごく良いと、やっぱりこっちも期待しちゃうんですよね!

「向井理似のイケメンなんてどーせ一重なだけだろ!」とは思いつつ、もしかしたら1パーセントの確率で本当に向井理似のイケメンが来るんじゃないかなって思っちゃうんです。

それでドキドキしながらLINEをして、送ってもらった写真にガックリ来るんです。その繰り返し。

向井理似のイケメンと言われていなければ「まあまあじゃん」と思えたかもしれない顔であっても、先に「向井理似のイケメン」という言葉でハードルが上がったばっかりに、ガッカリして面倒になってしまうんです。

これは見た目だけの話ではありません。

「弁護士だよ!」と言われた人がまだ試験に受かっていなかったり、「高収入だよ!」と言われた人が平均的な年収だったり……。

不必要に持ち上げられたせいで、無意味に落とされてしまい、なんだか恋が終わった気分にさせられてしまう。

そういう、とってももったいない形でうまくいかない場合って、紹介だと多いんですよね。

お互いの評価や感想が筒抜けになってしまうから

紹介してもらえるということは、その男性と友達にはそれなりの繋がりがあるということ。

男性や友達がモラルのない人間だと、LINEした内容やデートの行き先などが全部筒抜けになってしまい、非常に居心地の悪い思いをすることがあります。

これは私の体験談なのですが、女友達に紹介してもらった男性とデートした翌日、その女友達がニヤニヤしながら話しかけてきたんです。

 

あそこのラーメン屋で餃子も食べたんだって?大食いな女はモテないよ、彼も引いてたし。

ウッッッッッッッザ。

その男性は速攻でLINEブロック、女友達とも疎遠になりました。

大食いだなって思ったなら、直接私に行ってくれればいいじゃないですか。話のタネになるし、笑いに変えることもできるし。

でも、私のいないところで私の値踏みを2人でやるのは違うと思うんです。

バカにされているみたいで腹が立つし、実際すごく悔しかったです。

これも後述するマウンティングの一種なので、詳しく知りたい方はちょっと下まで飛ばして読んでみてください。

紹介してくれた人の顔を立てようとして、気を遣いすぎてしまうから

期待値ガチガチの出会いでもなく、なんでも言いふらす鳩ポッポでもない。

良い人をきちんと紹介してもらったんだから、失礼のないようにうまくやらなきゃ……そんな緊張から生まれる気遣いのせいで、彼といるだけで疲れてしまうなんてこともあります。

紹介してくれた人の存在が常に頭をちらついて、相手の彼と恋をできるかが二の次になってしまうんです。

特に彼と友達が同じサークルや職場だったり、自分自身が仕事で密接に関わる上司からの紹介だったりすると、

この出会いがうまくいかなかったら、いろいろと面倒だな……

と思ってしまい、相手の男性の顔を見るだけで気持ちが恋愛モードから遠ざかってしまうことも。

マッチングアプリなどで知り合う男性ならLINEをブロックしてしまえば簡単に縁を切れますが、紹介だと後腐れなくお別れするのも大変なんですよね。

「紹介してくれた人」別!紹介からの恋がうまくいかない理由

紹介からの恋がうまくいかない理由を、紹介してくれた人別にまとめてみました!

女友達からの紹介がうまくいかないのは「マウンティング」のせい

女友達からの紹介は、かなりの確率でマウンティングが含まれます。

マウンティグとは、もともとは猿などが自分の優位性を示すためにアピールする行為のこと。

女同士のやりとりの中だと、

そのカバン昔持ってた~!ちょっと子どもっぽいから使うのやめたんだよね!(私はあんたの一足先を進んでいるんだから、もうそのカバンは卒業したの!)
私なんてしたくもないのに出世したから、もう仕事仕事で毎日たいへんだよ!暇な人が羨ましい~!(私は優秀だからあんたとは違うんだよ!)

…こんな感じで、何気ない会話を装って相手を貶めてくる厭味ったらしい言動を指します。

女友達から男性を紹介してもらうときは、どうしてもこのマウンティングがあちこちに見え隠れしてしまうんですよね。

なぜなら女友達から紹介される男性というのは、前提として女友達が恋愛対象に選ばなかった男だからです。

たとえばあなたの知り合いに、「イケメン、優しい、大企業務め」と非の打ち所がない男性がいたとして、その男性をわざわざ友達に紹介しようと思いますか?

普通ならまず、自分が彼の恋人になれないかどうかアタックをするはずです。そんな三拍子そろった男性なんて、そうそう会えるものではないですもんね。

ところが女友達は、「イケメンだし優しいし、お給料も安定しているよ!」と言って、彼をあなたに紹介しようとしてくる……その意味はただひとつ。

その男性には、女友達が恋愛対象から外すに至った原因が隠されているということです。

歯磨きが嫌いで虫歯が多い、多額の借金がある、実はバツイチで子どもがいる……

見た目でわからないマイナスポイントなんて、たくさんあります。

そしてそんなバッドステータス持ちの男性を、甘い言葉でコーティングしながら押し付けてくる、この行為こそがマウンティング。

あなたにはこの男性がピッタリだよ!(私は付き合いたいと思わないけどね!)

……はっきり言ってしまえば、あなたを見下している女友達から紹介された男なんて、そうそううまくいくはずがないのです。

男友達からの紹介がうまくいかないのは「男女差別」

男友達からの紹介は、マウンティングが含まれない分女友達よりは信頼できると思っていいでしょう。

ただし、油断は禁物。男と女で態度を変える「なんちゃって亭主関白」が隠れている可能性があるからです。

私は一度、この「なんちゃって亭主関白」のせいで警察沙汰までもつれ込んだことがありました。

『友だちが多い好青年』という触れ込みで紹介されたのに、会ってみたら

女なんてたいした給料もらえないでしょ?
期待してるかもしれないけど、奢らないよ?
男の言うことに口答えする女はクソ

など、香ばしい差別発言がボロボロと……。

これはないわということで二度目のデートをお断り(むしろ誘いがあったことにびっくりでした)したら、「俺が誘ってやったのに!!」と逆上されてストーカー化。

自宅のドアを蹴られたり無言電話をかけられたり、本当にさんざんな思いをするはめになりました。

驚いたことに、その男を紹介してくれた男友達は、彼のそういう一面をまったく知らなかったんですよね。

どうやら男の前では本当に気のいい好青年だったみたいで、男性陣の中ではみんなに好かれる人気者だったんだとか……。

このように、男友達からの紹介の場合は、男と女で態度を変えるタイプの男性を見抜くことができないまま紹介されてしまう可能性があるのです。

上司からの紹介がうまくいかないのは「猫かぶり」と「おせっかい」のせい

友達という枠からは外れますが、上司から男性を紹介されるケースも未だに根強く残っています。

その場合でうまくいかない大きな理由が「猫かぶり」と「おせっかい」。

「猫かぶり」とは、上司にだけいい顔をして他の人には高圧的な態度を取る男性の場合、上司には見抜くことができず紹介されてしまうということ。

このとき、男は上司の前だけではパーフェクトに振る舞うものだから、前評判だけは最高に美化されて紹介されてしまうことが多いんですよね。

もうひとつの「おせっかい」は、仲人ゴッコがしたい上司がひとりで暴走しただけ……という、非常に迷惑なケースです。

昔は会社の上司が仲介になり、独身の部下に若い女性を紹介して付き合い始めるという結婚の形態が一般的でした。

今となってはほぼ廃れたと言っていい風習ですが、脳みそが昭和から抜けきれていないばかりに、

俺の手で嫁を世話してやろう!

と鼻息を荒くする上司が生き残っているのも事実です。

私も一度、このタイプの上司にとっ捕まったことがありました。

他部署の上司だったのですが、自分のお気に入りの部下に嫁を持たせたかったみたいで、たまたま若くて未婚だった私に目をつけたらしいんですよね。

上司だということもあり断りきれずに食事をしたのですが、よくよく聞いてみたら紹介されたその男性は別に出会いを求めているわけではなかったことが判明。

彼も彼で上司の誘いを断ることができず、二人とも上司の顔を立てるために参加しただけだったんです。

当然ですが大して話が盛り上がることもなく、うまくいかないまま彼とは疎遠になってしまいました……。

このように、上司から男性を紹介されたとしても、実際は上司がひとりで盛り上がっているだけだったということもあります。

上司の紹介ははっきり言って断りにくいので、単なるお食事会くらいのつもりで参加したほうがいいかもしれませんね。

「良い人紹介しようか?」のスマートな断り方

紹介での恋愛がうまくいかないのはわかったけど、相手も好意で言ってきてくれてるから断りにくいんだよね……。スマートで角が立たない断り方、ないかなぁ?

こんな疑問が出てくるのも当然なくらい、紹介話を断るのって難しいんですよね。

断っても断ってもしつこく話しかけてきたり、好きなタイプなどを聞き出そうとしてきたり……。

そんなお節介焼きな人に対し、角が立たないように断る例文を用意しました。

ありがとうございます。最近ちょっと忙しいので、今度こちらからお願いしに伺いますね

このセリフのポイントは3つ。

『お礼』『忙しい』『こちらから』です。

まず『お礼』ですが、紹介話は基本的に良かれと思って持ち出してきていることがほとんどです。

独り身で寂しいあなたに救いの手を差し伸べてやろう……という、上から目線で勘違いも甚だしいご厚意ですね。

なので、露骨に嫌そうな顔をしたり、「結構です!」とバッサリ切ってしまうと、

なんなの、人がせっかく親切にしてやってるのに!

と、逆ギレされかねません。

角が立たないように断るのであれば、最初にお礼は必須なのです。

次に『忙しい』

前提として、紹介話を持ってくる人は、女は誰でも恋愛したい生き物なのだと思いこんでいます。

そんな相手に「恋愛する気はない」「一人が楽しい」といったところで、正しく理解してもらえずに強がりだと思われて流されてしまうのが落ちでしょう。

こういうときに効果的なのが『忙しい』という言葉。

「恋愛したいのはやまやまなんですけど、物理的に忙しくて難しいんですよね~」と、相手の常識に合わせて説明してあげることで、都合のいい誤解を防ぐことができます。

最後が『こちらから』

必要になったときは、私から改めてお願いします!という意思を伝えることで、必要になるまでもうその話を持ち出すなよと、それとなく伝えることが可能です。

一度や二度だと流されてしまうかもしれませんが、紹介話を持ち出されるたびに言い続けていれば、鈍感な人でもいずれは気づくことでしょう。

【まとめ】出会いは紹介より後腐れない方法がおすすめ

以上「友達の紹介ではうまくいかない!その理由とスマートな断り方」でした。

今回の記事のまとめは以下のとおり。

紹介で出会った人との恋がうまくいかない理由は6つ。

  • 前評判が良すぎて期待値が高くなってしまうから
  • お互いの評価や感想が筒抜けになってしまうから
  • 紹介してくれた人の顔を立てようとして、気を遣いすぎてしまうから
  • 女友達からの紹介がうまくいかないのは「マウンティング」のせい
  • 男友達からの紹介がうまくいかないのは「男女差別」
  • 上司からの紹介がうまくいかないのは「猫かぶり」と「おせっかい」のせい

「良い人紹介しようか?」と言われたときは、

  • お礼
  • 忙しい
  • こちらから

を混ぜたセリフを使えば、角が立たないように断ることができる。

ハッキリ言うと、紹介から恋愛を始めるのは非常に難易度が高いため、本気で彼氏が欲しい女性には不向きであると言えるでしょう。

それならいっそマッチングアプリなどのほうが、周りの干渉がなく自由に交流ができる上、うまくいかなくてもLINEをブロックしてしまえば簡単にお別れすることができます。

私が実際に今の彼氏と出会えたのは「Omiai」

匿名性と安全性に優れ、恋愛に真剣な男性が多く登録している最近はやりのアプリです。

本気で彼氏が欲しいのであれば、ダウンロードだけでもしてみるといいかもしれませんね。

ババ貞子と呼ばれた私が31歳で初彼氏と結婚できた方法

関連記事