幸せになりたい

アラサーでも若く見える人の特徴5選!決め手は「若作りしない」

 

みんなの悩み
  • アラサーになっても、いつまでも若くみえるような女でありたい!
  • いくつになっても若々しく見える先輩に憧れ中。あんな風になる方法を知りたい!
  • 鏡を見るのが年々怖くなってきた……。できる範囲でそれなりの若さを維持していきたい!

あなたの知人に、アラサーにもかかわらず若く見えるような女性はいませんか?

アラサーという年齢は、見た目的にも体力的にも衰えを感じ始めるお年頃。

にもかかわらず、20代前半のまま時が止まったように若々しい人を見ると、「羨ましい……」とため息をもらしてしまうこともありますよね。

私の公務員時代の先輩にも、30半ばを過ぎて子どもを2人も産んでいるのに私より若く見えるような女性が何人かいました。

当時はただただ「すごいなぁ」としか思っていませんでしたが、今考えてみると、彼女たちには共通する特徴があることに気づいたんです。

つまりその特徴さえおさえれば、アラサーでもまだまだ年より若く見られるということ!

ということで、今回は自分へのまとめも兼ねて「アラサーでも若く見える人の特徴5選」をご紹介します。

ネタバレするとその特徴とは、

  • 肌や髪がきれい
  • 姿勢が良い
  • 服装が年齢相応におしゃれ
  • はきはき喋る
  • フットワークが軽い

この5点!

そして一番大切なのは「若作りをしない」ことです。

「肌や髪がきれい」では、私のおすすめリフトアップ方法やヘアケアも紹介しています。

本文を読んで、私と一緒にいくつになっても若々しいアラサー女性になりましょう!

アラサーでも若く見える人の特徴

アラサーでも若く見える女性は、次の5つの特徴を兼ね揃えていることが多いです。

肌や髪がきれい

年齢を感じさせるポイントとして最初に出てくるのはやっぱり肌と髪!

肌が垂れ下がり髪が薄くなってしまうのは、老いを避けられない人間としては仕方のないことと言えるでしょう。

そしてできあがる、皮膚はダルダル、髪は薄毛でボサボサ、アラサーを通り越してアラフォーアラフィフとも間違えられそうな惨めな姿……。

「そんなの絶対に嫌だ!」という声が、あちこちから聞こえてきそうですね。

自分の見た目がどんどん老けていくのを、手をこまねいて見ている必要はありません。

肌も髪も、毎日少しのケアをするだけで見違えるようにきれいに維持することができます。

ここに、先輩に教わった簡単なやり方を載せておくので、参考にしてみてくださいね。

毎日のお肌のケア

ケア1:化粧水や乳液は顔だけでなく首・鎖骨周りまで塗る
先輩
先輩
ケチな女はすぐ顔に出る。若見えしたいならお金をケチっちゃだめだよ!

人間は頭のてっぺんからつま先まで一枚の皮で包まれています。

生まれたばかりの頃はつやつやで張りがあった肌も、年を重ねるごとに水分を失い、重力に負けて垂れ下がるばかり……。

だからこそ、化粧水や乳液での保湿ケアを首や鎖骨のあたりまでしっかりと行うことで、顔につながる皮膚の張りを維持することができ、結果として顔の皮が垂れ下がるのを防いでくれます。

男性が女性の年齢を見極めるとき、一番に確認するのは「首」「指」だと言われています。

この二カ所に多くのシワがあったら、その女は見た目より年を取っているかも……ということですね。

指は毎日動かすものなのでケアが難しいのですが、首なら意識すればきれいに保つことが可能です。

顔用の基礎化粧品に高価なものを使っているのなら、首周り用に少し安めの化粧水を買うのもいいかもしれませんね。

 

ケア2:シミ対策の美容液を使う
先輩
先輩
シミ対策は一日も早い方が良いよ。「どうせ今更……」なんて思わず、まずは買ってみて!

女性の肌にとってシミは百害あって一利なし。

アラサーになるにつれて顔にポツポツ出てきたシミを見ながら、子どもの頃、日焼け止めを塗らずに遊び回った過去の自分を呪ったことがあるのではないでしょうか。

シミケア効果のある化粧水や乳液を使うのもいいのですが、やっぱりシミだけは専用の美容液でしっかり対策を取っておきたいところです。

私が先輩に教えてもらったのは、オルビスの「エクセレント・ホワイトエッセンス」

シミケア美容液の中では非常にコスパが良く、それでいてしっかりとシミを抑えてくれる成分(メラニンの生成をブロックするアルブチンと、メラニンのシミ化を防ぐ持続性ビタミンC誘導体)が含まれているのがポイントです。

元々は口角炎の色素沈着を消したくて購入したのですが、思いの外効果があったので今でも続けて使っています。

他社の美容液に比べればお値段も安めなので、「何から始めればいいのかわからない……」という方は、シミケアの第一歩として挑戦してみるのも良いですよ。

ちなみにエクセレント・ホワイトエッセンスはAmazonや楽天でも買えますが、ORBISの会員になって購入するほうがポイントの分だけお得です。

私は化粧水や乳液も全部ORBISなので、毎回ポイントで数百円分得しています(*´ェ`*)

今なら無料サンプルももらえます。こちらからどうぞ↓

ORBISの1分でできる肌荒れチェック【無料サンプル付】

オルビス「エクセレント・ホワイトエッセンス」の体験レビュー こんな悩みを持っているアラサー女性にぜひ知ってもらいたいのが、オルビスの「エクセレント・ホワイトエッセンス」。 ...

 

ケア3:首の皮を持ち上げるように、顎に向かってマッサージをする
先輩
先輩
重力に勝つことはできなくても、あらがう気持ちを忘れないでね!

首や顎の皮が重力に負けないよう毎日リフトアップすることで、表情の明るさに大きな差が出てきます。

ボディクリームを塗っている人は、首回りに塗るとき一緒にマッサージをするのも良いですね。

朝の時間に余裕のある方は、朝の洗顔後・お化粧をする前にリフトアップを行うと効果的です。

時間がない方は夜のお風呂上がりでも大丈夫。自分に合ったタイミングでやってみてくださいね。

 

毎日の髪のケア

ケア1:メイソンピアソンのヘアブラシを使う
先輩
先輩
これさえあればヘアオイルもトリートメントもいらない!

メイソンピアソンというブランドのヘアブラシを知っていますか?

“ヘアブラシ界のロールスロイス”と呼ばれるロンドン製のハンドメイドヘアブラシで、お値段はなんと一本2万円!!

高い! 高すぎる!!

でもそのお値段に見合う効果があったので、驚きました……。

梳かすだけでサラッサラ。

しっとりとした潤い感が続くのに、べたつかずぺったりとはならない。

頭のてっぺんでぴょんぴょん立ってしまう短い髪の毛も寝かせてくれるのがとてもありがたかったです。

正直これさえあれば、後述するヘアオイルやトリートメントを使う必要はありません。

勇気を出して買ってみるだけで、世界が変わることを保証します。

【メイソンピアソン】公式サイトから購入する

 

ケア2:ヘアオイルを使う
先輩
先輩
カラーやパーマをかけている人は絶対必要!

さすがにブラシに2万円はちょっと……という方は、お風呂上がりにヘアオイルを使用するだけで髪質をガラッと変えることができます。

私が使っていたのは、ロレッタのベースケアオイル

とっても有名な商品なので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

このヘアオイルはお風呂上がりに使用するタイプのもので、香りがよく髪をサラサラにしてくれるだけではなく、ドライヤーの熱から守ってくれるのです。

髪の長さにもよりますが、毛先を中心につけていればわりと長持ちするのも嬉しいポイントですね。

サロン専売品の格安通販サイト【Kiranavi】で購入する

姿勢が良い

先輩
先輩
猫背はそれだけでお年寄りの象徴だよ!

背筋がピンと伸びている人はそれだけで若々しく見えます。

あなたはお年寄りを想像したとき、背骨が曲がって杖を突いているおじいさんおばあさんを想像しませんか?

姿勢の悪さは、長年の猫背や歩き方の癖に影響されて悪化していきます。

そしてその癖は年を取るほど修正が難しくなり、ついには背骨そのものがぐにゃりと曲がってしまうのです。

それを防ぐためには、日常的に正しい姿勢を維持するよう気をつけなければいけません。

  • パソコンを使うときは、椅子から少し背中を離して背筋を伸ばす
  • 携帯を使うときは、携帯を持つ手のわきの下にもう片方の手を差し込み、視線が下に下がりすぎないようにする
  • 立つとき・歩くときは頭のてっぺんから糸に吊られた感じを意識する

言葉にするのは簡単ですが、四六時中これを意識するのはなかなか難しい!

なので、一度に全部やろうとせずに、「今日はパソコンのときだけ気をつけよう」「今日は携帯を気をつけよう」といったように、少しずつ体を慣らしていく方がいいかもしれませんね。

服装が年齢相応におしゃれ

先輩
先輩
大事なのは「自分に似合う服を選ぶ」ことだよ!

年齢に見合った服装かつ流行を抑えたおしゃれなファッションの女性は、いくつになっても若々しく見えます。

ここで大切なのは、あくまでもアラサー相応のおしゃれをしているというところ。

たとえ流行最先端でも「mini」や「bis」などの雑誌ばかり見て、実年齢にそぐわないファッションをしているようだと、若作りに必死になっている痛々しいオバサンに見えてしまいます。

あなたの周りにも、40歳を過ぎてなお20代の頃のスカートをむりやり履いているようなオバサンはいませんか?

自分では「若い頃のスカートがまだ似合う私」と浮かれているかもしれませんが、周りにしてみればただの痛々しいオバサンにしか見えません(笑)

狙いはあくまでも「アラサーなのに若く見える!」と言われること。

無理に若い者のファッションを追いかけるのではなく、アラサー向けの「Sweet」「CLASSY.」などの流行をおさえつつ、自分に合った服装をすることが大事なのです。

はきはき喋る

先輩
先輩
相手の聞き取りやすさを意識するのが、好印象を与えるポイントだよ!

しゃべり方は見た目と同じくらい大きく印象を左右します。

見た目が若くても、小声でボソボソ聞き取りづらく喋るような人だと、「なんか陰気でオバサン臭い人だな……」と思われてしまうことも。

適度な明るさを持ち、相手にとって聞き取りやすいようはきはき喋ることを心がけましょう。

ちなみに、地方アナウンサー級に滑舌良く大声で喋っていると、元気良くポケットに飴ちゃんをねじ込んでくる関西のオバチャン、あるいは小学校低学年男子などを連想させかねません。

はきはきといっても耳障りにならないよう、口調はゆっくり、大人の余裕を見せるよう意識して話せば、相手の印象もぐっと良くなります。

会話をするときは相手と二人の共同作業をするような気持ちを忘れないことが大切ですね。

早口の直し方を知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

「早口」だからオタク女子はモテない!彼氏が欲しいオタクの早口矯正法彼氏が欲しいオタク女子へ。「早口」を矯正する方法は意外と簡単です。ガチオタな筆者が院卒理系男子の旦那をゲットした、とっておきの「早口矯正法」をご紹介しますね。内容はめちゃくちゃ簡単、たった2つのポイントを意識するだけです。その2つとは……...

フットワークが軽い

先輩
先輩
年を取ると自然と体が重くなるもの。だからこそ、いくつになってもフットワークが軽いと、それだけで若く見えるよ!

フットワークの軽さは若さの代名詞。

上司に呼ばれたらテキパキ動き、雑用でも面倒くさがったり嫌な顔をしたりしないようにするだけで、周りにあなたの若さと好感を印象づけることができます。

逆に言えば、椅子に座ってふんぞり返り周りに指示を出すばかりになったら、それは老化が始まったのと同じこと。

あなたの代わりに走り回る若い女の子の評判が上がり、それと比較されるようにあなたの名前が貶められることも十分ありえる話です。

今あげたのは職場での例ですが、プライベートでも同様に「興味を持ったことに気軽に挑戦する」「遊びの誘いに楽しく参加する」など身軽に活動することで、若々しく行動力あふれる姿をアピールすることができるでしょう。

「どうせ~~ない」や「めんどくさい」が口癖になっていたら要注意。

若い頃の無謀とも呼べる行動力があった自分を思い出し、気合いを入れて足を動かしてみることで、あなたの印象をガラッと変えることができますよ!

【まとめ】若く見られたいなら「若作り」は厳禁

以上、「アラサーでも若く見える人の特徴5選!決め手は『NOT若作り』でした。

ここまで読んでくださった方ならわかるかと思いますが、「若く見えるよう努力している姿」を見せることはタブーなんですよね。

若く見られたいというのは当然の欲求です。

しかし「あの人、若く見られるためにがんばってるなぁ」という周りの視線が向けられるのは、「若く見えるアラサー」ではなく「若作りしているオバサン」だけ!

大切なのはあくまでも陰の努力であり、周りにはありのままのあなたの姿が若く見えるようにし向ける必要があるのです。

最後に、今回の記事を執筆するにあたり、快くインタビューに応じてくださった先輩に深く感謝いたします。

本当にありがとうございました!

関連記事